スタッフブログ梅雨に体調を崩したり、体に痛みを感じるのはなぜ?

いよいよ梅雨の季節がやってきました!
梅雨になると、雨の日が増え湿度が上がってジメジメし、日中の気温は上がらず肌寒く感じたり、時々晴れても高温多湿で過ごしにくいですよね。
出かけるにも雨具が必要だったり、洗濯物は乾かず部屋もジメジメ蒸しやすく、そのせいで気分もパッとしない…
それだけではなく、体調にも異変を感じる人も多いのではないでしょうか?
古傷や関節の痛み、冷え、ムクミ、頭痛やめまい、だるさややる気の低下などなど…
なぜ?梅雨に体調を崩しやすいのでしょうか?
まず、それには季節の変わり目による自律神経のバランスの乱れが上げられます。
私たちの体は気圧の影響を受けやすく、梅雨の激しい気圧の変化が体へのストレスとなり、自律神経のバランスを乱すのです。
さらに、気圧が下がると体内にヒスタミンという物質が増えるということがわかったそうです。
このヒスタミンという物質は
①血管を拡張させ、血圧を低下させる作用→低血圧
②血管から水分を周辺に滲出させる作用→ムクミ
③細胞を膨張させるため、神経と周囲の器官が触れやすくなり、痛みに過敏になる→神経痛、関節痛
などなど、体に悪影響を及ぼすのです。

このような体調不良を改善するためには、全身のほぐしや鍼灸治療がおすすめです!
足からしっかりほぐすことで体内に滞った水分や老廃物を流し、ムクミやだるさを改善します。
鍼やお灸で自律神経のバランスを整えることもでき、水分代謝が改善され、冷たい物の取りすぎによる内蔵の冷えも取り除く事ができますので、ぜひ!ご相談ください!