スタッフブログ気候の急変で体調を崩す理由とは?~ほぐし・整体・電気療法で改善

雨が続きますが、皆さん体調はいかがでしょうか? 先日、院内研修にて興味深い内容がありましたので、ご紹介したいと思います。   ―――――――――――――――――――― 今年は冬から一気に夏を迎えた感じでした。 と思いきや急に寒くなったり、湿気が多かったりと体は「どうして良いかわからん!」と悲鳴をあげている状態。 急に腰や首が痛み出す、むくみやすい、めまいがする、寝起きからだるい、頭痛がする、お腹の調子が悪い、気分が上がらないなどなど、 4月後半から現在にかけて不調のオンパレード!! 患者さんと接していて、この症状にどうして良いかわからない方が実に多い。 ”そんなにすぐに体は対応出来ない!” これが答えです。 何それ?って思ったことでしょう。 体内を一定の状態に保つ機能があることは皆さんもご存知かと。 急激な変化にも何とか対応しようと頑張っている方がいるのです。 それは… 神経。 自律神経の話になるのですが、暑ければ体の窓を開けて熱を発散させます。 寒くなれば窓を閉じて保温します。 逐一神経が反応してこの開閉を行なっているのです。 1日の気温差が10℃以上もある日なんかは神経は大変ですよ。 開けたり閉めたり忙しくて仕方ありません。 当然それだけエネルギーを使います。 しかし生命活動しているからには他にもエネルギーは必要。 そりゃ疲れますよ。 今私たちの体の中で神経がとても疲れています。 その機能が回復しづらい状況で困っている方がほとんどです。 神経の働きを高め、環境にもしっかり対応出来る体にする整体があります。  

筆者:From K

―――――――――――――――――――― 当院では、ほぐしや整体で体をリラックスさせ、神経の通りを良くします。 また、電気治療で神経の働きを改善します。   上記の内容で気になる方は是非、当院でお試しください!