スタッフブログ『整体・電気治療器』で自律神経を整え『鍼灸』で体質改善

本年は台風が多く発生しておりますが、体調はいかがでしょうか? 今回はこれからの時期に起きやすい夏の代表的なトラブルの夏バテ(夏ばて)について説明します。   1.夏バテとは? 日本の夏のような高温多湿の環境に対応できなくなると発生する体の不調です。 症状として、 ・倦怠感(だるさ) ・食欲不振 ・消化不良や便秘or下痢 ・不眠症 ・冷え症 ・体力の低下 ・体重減少 などがあります。   2.夏バテの原因とは? 人間は常に体温を一定に保つため、エネルギーを消費しております。 普段であれば多少の変化があっても耐えられるのですが、極端に負担が大きくなった時や毎日のように暑さが続くと体が対応する事が出来なくなります。 これが自律神経の乱れの原因となります。 空調設備が普及した為に外気温と室温差が大きくなり起こるようになった症状です。 真夏だけではなく、季節の変わり目などの昼夜の気温差が激しい際にも起こります。 関連記事として↓こちらもどうぞ! 天候の変化で体の調子が上がらない理由とは?   また、水分不足も不調の原因となります。 熱くなった体を冷やすために汗をかきますが、その為には水分が必要になります。 ただ水を補給すればいいというわけではなく、塩分やカリウムなどのミネラルが必須です。 不足すると筋肉がつりやすくなる事や食欲減退などの症状が出ます。 スポーツ飲料が最適ですが、糖質が多いので水で薄めて飲むことをオススメします。   他にも胃腸の働き低下があります。 アイス・そうめんや冷やし中華・ビールや炭酸飲料など冷たい食品を口にする機会が増える為、体の内側から冷えてしまいます。 また外気温が高く、体の表面温度が高くなると皮膚や筋肉などの血流が増えるために、内臓の胃腸への血流が少なくなります。 自律神経のバランスが崩れている際には更に胃腸の働きが悪くなり、消化吸収が落ちる為に体力が減少して疲れやすくなります。   3.夏バテを防ぐには? ・水分をこまめに摂取する ・冷たい飲み物や食事を多く摂取しない (糖質の取りすぎに注意!) ・不足しがちなミネラル・ビタミン・たんぱく質を摂取する ・食欲がない時は刺激(辛さ・酸味)のあるものを食べる ・外気温と室温の温度差を5℃以内に設定する。 (猛暑日の日などは無理の無い温度設定にしてください) ・エアコンと扇風機を合わせて使う ・寝る時、エアコンはタイマー設定にする (それでも暑く感じる方は頭を冷やす事や涼しい寝具を利用する事をオススメします) ・エアコンの効きすぎの場所や陽射しが強い場所では上着で調節をする ・足元の冷えに注意 ・規則正しい生活をする ・早朝や夕方以降に運動をして汗をかく (運動が出来ない時には湯船に浸かり、汗をかくことが重要です)   4.当院で出来る事とは? 夏バテにならない為にGTSを使っての運動をする事により、汗をかいて体内の水分代謝を促します。 また整体や電気治療器により自律神経のバランスを整え、環境変化に対応できる体作りをします。 それでも体調を崩した方には自律神経へのアプローチだけではなく、腸の機能を上げる施術や鍼・灸で体質改善を行います。     まだ暑い日は続きますが、しっかり体調管理をして乗り切りましょう。