スタッフブログランニングで右足の裏が痛くなった(足底筋膜炎)30代男性~超音波療法・その他

今回はランニングで右足裏の痛み(足底筋膜炎)を起こした男性の施術内容についてご紹介します。

 

来院した際に伺った詳細は下記の通りです。

・朝起きてベッドから降りた際にかかと付近へ激痛を感じた。

・痛いながらもかばいながら過ごしていたら、痛みが和らいだ。

・押したときの痛みはかかとより少し指先側に出ている。

・最近、体重が増えた。

・レントゲンでは異常なし。

上記の状況を踏まえて判断すると、足裏の曲げる為の筋肉である、足底筋の筋膜が炎症(足底筋膜炎)を起こしている事が考えられます。

 

足底筋膜炎は筋膜が硬くなる事で痛みが発生します。

その為、冷やすと症状が悪化する事がありますので、応急処置としては患部に熱がない時は冷やさないようにして、様子を見ながら温めるようにしてください。

また、痛みが落ち着いてきたらゴルフボール・青竹踏みなどを使用して足底筋をほぐしてください。

他にも足の指先を手前へ反らす様にしてストレッチする事もおススメします。

 

当院では超音波を使用して、硬くなった筋膜の緊張を和らげると当時に炎症を緩和させます。

次に周りの筋肉を緩める事で患部まで血液の流れを良くします。

現在、キャンペーン中のフットケアもむくみや血流の改善を目的としているので効果的です。

 

最後にテーピングが必要な場合は筋肉のサポートをするように巻きます。

患部への負荷を減らす事で回復を早めますが、楽になったからと言って使いすぎると逆効果になるので注意が必要です。

 

再発を防ぐには、ランニングやマラソン時のフォームの確認や筋肉へ負担をかけない為の減量が不可欠となります。

当院としてはGTSトレーニングで基礎体力を養い、ウェイトコントロールをオススメします。

また、股関節・膝関節・足関節(足首)に関節の硬さや痛みがあると動きに左右差が発生すると足底筋膜炎に発展する事がありますので、気になる方はご連絡ください。

今回の施術は外傷の治療になりますので、保険施術(一般施術)として、保険適用対象になります。