スタッフブログ鍼灸治療で冷え症を改善し、免疫力をアップさせましょう!

急に寒くなったり、そうかと思えば暖かかったり…
みなさんも最近の天気には悩まされていませんか?
こんな時は風邪を引いたり、体調を崩しやすくなるものです。
今日は天気に負けない身体作りを目指すための治療をお薦めしたいと思います。

灸治療は身体に本来備わっている自然治癒力を高める効果があり、病気に対する免疫力も高めると言われております。
それは、鍼刺激により免疫系を司るT細胞やNK(ナチュラルキラー)細胞の血中への移行が促進されるからです。
T細胞やNK細胞は、体内に侵入した病原菌を見つけて攻撃するという役割があり、それらが増えることによって病原菌を攻撃する力がアップし、免疫力が向上するのです。
それだけではなく、鍼灸治療による自律神経のバランス調整作用により、血管運動や内臓の働きを改善し身体の恒常性を保つことができます。
治療後に緊張が解け身体がポカポカすることがあります。これは副交感神経が優位に働き、全身の血行が良くなるためです。
血流の悪い状態を改善することで冷え症を始め、身体の様々な症状が改善することにつながるのです。
東洋医学において「冷えは万病のもと」とされています。
身体を巡る「気」「血」「水」のバランスを上手に保つことが大切なのですが、「冷え」がこれらのバランスを崩す原因のひとつなのです。
簡単に言いますと、
「気」とは元気ややる気のこと。
「血」とは栄養や体温を運ぶもの。
「水」とは身体に巡るすべての水分のことです。
ですが、冷える事によって「血」の巡りが悪くなり身体に充分な栄養と体温が行かなくなります。また、「水」の巡りも悪くなり身体の熱を奪ってしまいます。「気」は「血」から栄養がもらえなくなってエネルギー不足になり元気がなくなってしまうのです。

これから益々寒さが増していきます!
この機会に鍼灸治療で冷えを改善し、免疫力をアップさせて強い身体作りを目指しましょう!