スタッフブログ家庭で出来る簡単エクササイズシリーズ~足首編~

みなさんこんにちは。 寒い日が続いていますがいかがおすごしですか? 今回は足首のエクササイズです。 足首が硬いと地面とのバランスが取れず転倒の原因にもなります。 さらに脚の血流やリンパの流れが悪くなり冷えやムクミの原因となります。 また、足首と女性生殖器は関連性があるので、生理痛がきつい人は足首が硬くなっている可能性があります。 足首を柔らかく使える事が転倒予防の第1歩となります。   まずは足首の柔らかさをチェックしてみましょう。 脚をそろえたまましゃがみ込みます。 その時踵が浮かないようにしましょう。 踵が浮いていたり後ろに転んでしまった方は足首が硬めの人です。 IMG_6527 IMG_6529   ①足首のストレッチその1 アキレス腱を構成する腓腹筋を伸ばしていきます。 有名なふくらはぎを伸ばすストレッチです。 膝は伸ばしたまま行います。 IMG_6530   ②足首のストレッチその2 アキレス腱を構成するもう一つの筋肉であるヒラメ筋を伸ばしていきます。 この筋肉は膝を曲げた状態で伸ばしていきます。 片方の膝を床に押し付けいるようしゃがみ込みます。 この時踵が浮かないようにしましょう。 抑える手が膝から離れていてもストレッチ効果は落ちてしまいます。 IMG_6531 どうしても踵が浮いたり、膝を深く曲げると痛みが出てしまう方は次のパターンでやってみましょう。 段差につま先をのせてそのまま体重を前の脚にのせていきましょう。 膝は少し曲げたままです。 IMG_6533   ③足首のエクササイズ 段差に両足の前半分をのせます。 この状態から5秒かけてつま先立ちをしましょう。 つま先立ちのまま5秒キープ その後また5秒かけて元の位置に戻ります。 これを繰り返し行います。 足首のストレッチを行いつつ、ふくらはぎや太ももの筋肉を使うので美脚効果もあります。 このエクササイズを行うときは壁や手すりなどに手をついた状態で行いましょう。 IMG_6534  IMG_6535     足首の柔軟性は足の骨のアライメントが原因となって硬くなっていることもありますので、「ストレッチしても足首伸びてる感じはしないんだけど、動きが良くないんだよね。」という方は一度医療機関でチェックする事をお勧め致します。 またストレッチエクササイズを行う際に痛みやシビレを感じた際はすぐに中止し医療機関を受診してください。