スタッフブログWHOで認められている49の鍼灸適応症

今日は皆様に鍼灸治療をもっと身近に感じて頂くために、WHO(世界保健機構)で鍼灸療法による治療効果があることが認められている49の疾患をご紹介したいと思います。

〔運動器系〕
テニス肘(上腕骨外側上課炎)
・頚椎炎
・頚部筋の筋膜炎(肩こり、首肩の痛み)
・肩関節周囲炎
・関節リウマチ・変形性膝関節症
・打撲と捻挫

〔神経系〕
・頭痛
・偏頭痛
・緊張型頭痛
・坐骨神経痛
腰痛
・扁桃摘出後の痛み
・抜糸後の痛み
・術後の痛み
・ヘルペス後神経痛(帯状疱疹治癒後におこる神経痛、顔面痛)
・三叉神経痛

〔呼吸器系〕
・急性扁桃炎
・咽頭炎
・喉頭炎
・慢性副鼻腔炎(蓄膿症)
・気管支ぜんそく

〔血管系〕
・狭心症を伴う虚決性心疾患
・高血圧
・低血圧
・不整脈
・心臓神経症(心臓に異常がないのに動悸や不整脈を感じる不安障害の一種)

〔消化器系〕
・胆石症
・胆石による疝痛
・胆道回虫症
・胆道ジスキネシー(心因性の胆石症に似た腹痛)

〔泌尿器系〕
・腎結石による痛み
・夜尿症(子供のおねしょ)
・尿失禁
・尿閉(尿が出なくなる)

〔産婦人科系〕
・月経困難症
・分娩の誘発
・月経の異常
・女性の不妊症

〔その他〕
・脳卒中後の片マヒ
・白血球減少症
・メニエール症候群
・近視
・下痢
・便秘
・過敏性腸症候群
・男性の不妊症
・勃起障害
・肥満
・うつ病
・アンコール関連障害
・薬物中毒

上記であげた症状であっても必ず鍼灸の効果があるというわけではありません。体調や体質によって治療が適さない場合もあります。

また、症状が悪化する不適応症もあります。

ガンによる感染症や急性の脳出血、脳梗塞、心筋梗塞、手術を必要とする重い病気、ガンの再発からくる痛みなどは必ず西洋医学の精密検査を受けるべきです。

鍼灸治療には炎症時の痛みや神経痛などを抑える鎮静作用、このblogでも度々あげている自律神経系の調節作用、鍼や灸で刺激を繰り返することに風邪を引きやすかった人が丈夫になったり、アトピー性皮膚炎が治るなどの転調作用により体質が改善されることもあります。

気になる症状をお持ちの方はぜひ一度ご相談ください。