スタッフブログお酒を飲むと花粉症が悪化~東洋医学的なお話

ここ最近暖かい日が多くなってきましたね。しかし、それと同時に花粉症でお悩みの方が増えてきていませんか? 花粉症は主に、スギやヒノキなどの花粉が飛散する春先~初夏にかけてくしゃみ、鼻水、鼻づまりや、目の充血、かゆみ、喉の痛みや違和感、咳などを引き起こす疾患です。 では、なぜこのような症状が現れるのでしょうか。 花粉が目、鼻、口などの粘膜に付着すると身体は異物が来た!と認知し、体内に「IgE抗体」というものを作り出します。 これが、アレルギーの原因物質と反応しくしゃみ、咳、鼻水、涙などで異物を吹き飛ばしたり、洗い流したりして身体を守ろうとするのです。 本来であれば身体に害のある異物を排除する働きは正しいのですが、花粉の場合は身体に害があるわけではないので、これは異常な過敏反応となるわけです。 このような事が起こってしまう原因として、不規則な生活や疲れなどによる「免疫機能のバランス崩れ」が考えられ、IgE抗体の産生を抑制できなくなり花粉などの害のない物にまで過剰に反応してしまうのです。 具体的にどういうことなのか。。。 私自身の経験から、花粉症は身体に熱がこもると熱が粘膜を刺激し腫れや充血を引き起こし過敏な刺激となり症状が悪化し、逆に練習や試合などで汗をかくと、こもっていた熱が放出し、症状が緩和されました。 つまり、お酒などの熱を帯びた物を飲みすぎたり、食べ過ぎたりすると症状が悪化し、運動は症状を緩和させると考えられます。 「熱」がこもる!これが重要な手がかりになるのではないかと考えています。 東洋医学的なお話になりますが、自然界と身体は繋がっており、五臓と称される「肝」「心」「脾」「肺」「腎」は四季と関わりがあります。 春は「肝」と深く関係し、寒い冬から暖かい春になると同時に、「肝」の気が盛んになる時期とも言えます。 その気が盛んな時に熱を帯びた物(お酒や油っこいもの)を取りすぎたり、ストレスなどでイライラして「気」が上ってしまうと「肝実」=「肝気」の飽和という状態になります。 また、肝は自然界の「木」ともいいます。「木」は植物が芽吹き、成長していくようすを表し、万物が生じる「春」の象徴なのですが、「肝気」の飽和=木があふれる=木と木がこすれ「火」を生む。 すなわち、肝の気が盛んになりすぎると「火」=「熱」を生むことになり、身体に熱がこもると言うわけです。 では、それらを予防するにはどうしたらよいのでしょうか。 一番はやはり、暴飲暴食をさけ、不規則な生活の改善と適度な運動をして汗をかき、免疫機能や精神を安定させておくことが大事だと言うことではないでしょうか。 免疫機能の安定には鍼灸治療が効果的ですが、花粉症の治療は花粉が飛び始める一、二ヶ月前から準備をしておくことが必要です。 ですが、症状が出始めてからもそれらの症状が緩和するツボを刺激するだけでも効果的です。 鼻水を抑えるには小鼻の際にある「迎香(げいこう)」、目の症状には眉頭にある「攅竹(さんちく)」などなど、症状によっていろいろなツボがありますので、ぜひ!ご相談ください。 運動不足が気になる方にはマンツーマンのトレーニングもご提案させていただいておりますので、花粉やストレスに負けない強い身体を一緒につくっていきましょう!