スタッフブログテーブルの脚に小指をぶつけて負傷(50代女性)~骨折の疑いあり(保険適用)

今回は自宅でテーブルの脚に足の小指をぶつけて負傷した女性の施術内容についてご紹介します。

来院時の症状

来院した際に伺った詳細は下記の通りです。

・自宅で家事の最中にテーブルの脚に左足の小指をぶつけた。
・受傷直後から激しい痛みがあり、何もしなくてもジンジンと響く痛みがある。
・時間と共に腫れあがり、内出血が見られるようになった。
・患部には熱があり、触ると痛みがある。
・くるぶし辺りを叩いてみると、患部に響いて痛みを伴った。

診断結果~骨折の疑いあり

上記の状況を踏まえて判断すると、左第5趾中節骨骨折が考えられます。今回は骨折の疑いがある為、専門医の診察をお願いしました。この症例は保険適用となります。

ご自宅での応急処置について

ご自宅での応急処置として、まず冷やしてください。痛みがすぐに治まらない場合は骨折していなくとも捻挫をしている可能性がありますので、腫れを最小限に食い止める必要があります。

次に隣の指とセロハンテープなどを利用して固定する事で、再負傷や症状の悪化を防ぐことが出来ます。また、専門医を受診される際にはサンダル等で患部へ負担がかからないようにしてください。

専門医による診察の結果と当院での施術

その後、来院した際に話を伺うと、亀裂骨折していたとの事でした。当院では最初に炎症を起こしておりますのでアイシングで患部の熱を取り除きます。次に超音波治療器で骨折の治癒速度を早め、電気治療を使用して痛みを緩和させます。そして、筋肉をほぐしてむくみやリンパ・血流の改善を行う事で回復を早めるようにします。最後にテーピングや固定具を使用して患部を安定させます。

回復状況を見ながらストレッチやGTSトレーニングを導入

その後、回復の状況を見ながら可動域を上げるストレッチを行い、運動が出来ずに筋力低下が気になる方はGTSトレーニングをオススメします。

また、部活動やスポーツをやられている方の場合、大事な試合や大会がある方には、なるべく早く復帰できるように、患部へ負担がかからないで尚且つ、運動効率が上がるアドバイスを行います。

一日も早く現場への復帰が出来るよう応援しますので、お気軽にご相談ください!

 

ところで、当院のLINEページ登録はして頂けましたか?
HPのトップにもバナーがありますが下記の項目より登録が可能です!
今後、お得な情報を配信しますので、FaceBookやTwitterとあわせてご登録ください!!

友だち追加