スタッフブログ朝起きたら首が痛い(30代女性)~寝違えによる背部の痛み(保険適用)

今回は朝起きたら首が痛くなった(寝違え)という女性の施術内容についてご紹介します。

 

来院した際に伺った詳細は下記の通りです。

・来院当日の朝、起きた時に頚部へ痛みが走った。
・普段から疲れがたまっており、倒れるように寝ていた。
・最近、運動をしておらず、首と肩にハリを感じていた。
・首を前に曲げると左の背中に突っ張った感覚があり、後ろへ倒すと同じ所へ鋭い痛みが走る。
・その場所を触った際にも痛みがある。
・患部に熱感は無く、肩の動きに問題はない。

 

上記の状況を踏まえて判断すると、寝違えによる背部の痛みと考えられます。

この症例は保険適用となります。

 

自宅での応急処置として、痛みを堪えて動かす事はしないようにしてください。

痛みがあまりにもひどい時には除痛効果のある湿布や痛み止めを飲む事も一つの方法です。

次に全く動かさないのではなく、痛みのない範囲で動かしてください。

肩まわりや腕・腰を動かす事で筋膜を緩めて、首や背中への負担を減らす事もオススメします。

 

当院では最初に患部へ電気治療器を使用して痛みと緊張を取り除き、残ったハリをほぐして緩めます。

もし、炎症が強い場合はアイシングや超音波治療器を使用します。

最後に痛みが残る場合はテーピングで筋肉を保護と補助行うようにします。

 

その後、回復の状況を見ながら可動域を上げる為のストレッチやハリが強くならないように首や背中をほぐします。

再発を防ぐ為には運動をする事で問題となる筋肉を動かす事が重要ですので、GTSトレーニングをオススメします。

他にも寝具や睡眠の質など見直しが必要な場合はご提案する事があります。

今回の症例に限らず、体の回復力が落ちている場合は治るまでに時間がかかりますので、時には全身の調整が必要です。

 

スッキリした目覚めや質の良い睡眠の為にお気軽にご相談ください!