スタッフブログランニングマシン使用でスネの内側に痛み(30代女性)~後脛骨筋の使い過ぎが原因(保険適用)

湿度の高い日が続きますが、皆さん体調はいかがでしょうか?

今回はジムのトレーニング中に左脛部(すね)内側の痛みを訴えた女性の施術内容についてご紹介します。

 

来院した際に伺った詳細は下記の通りです。

・スポーツジムのランニングマシーンで走っている際に左脛部内側を負傷した。
捻挫や打撲で痛くなったわけではない。
・ジムには週2回通っている。
・今回に限らず、長い距離を走ると痛み出す事がある。
・普段から足がX脚気味になる。
・触るとすねの内側に痛みがあるが、熱感はない。
・過去に膝の靭帯を痛めたことはないが、内側側副靭帯が緩くなっている。

 

上記の状況を踏まえて判断すると、X脚の状態で走ったことにより後脛骨筋のオーバーユーズ(使い過ぎ)が考えられます。

この症例は外傷となりますので保険適用となります。

 

応急処置として運動をしていたらすぐに中止して安静にすることや湿布をする、筋肉をほぐす・ストレッチが必要となります。

 

当院では最初に電気治療にて痛みを和らげますが、痛みや緊張があまりにも強い場合は超音波治療器を使用して対応します。

次に筋肉に対してストレッチやほぐしてリンパ・血流の改善を行う事で回復を早めるようにします。

次に歩き方や立ち方など確認を行い、注意やアドバイスで痛みの再発を防ぎます。

最後に必要がればテーピングで関節の一部を固定して、症状の悪化しないようにします。

 

すぐに大事に至る事はありませんが、長引く事や悪化する事でシンスプリントや疲労骨折につながる可能性があり、再発を防ぐ為には痛みが出始めたきっかけや練習内容、ランニングフォームやシューズなどの見直しが必要になる事があります。

 

痛みがあると不安になります。

特に大事なイベントや試合・大会などが控えている時は尚更です。

最大限の実力が発揮できるようにコンディショニングのお手伝いをしますので、お気軽にご相談ください!