スタッフブログプロレスラーも必見?!ケガをした時自分でできる応急処置「RICE(ライス)」

私はプロレスラーとして日々の練習や試合などでケガをすることが多々ありますが、皆さんも日常生活中にぶつけたり、捻ったりとちょっとしたケガをすることがよくありませんか?今日はそんなときにどうしたら良いのか?自分でもできる簡単だけど重要な応急処置についてお話したいと思います。

まず、「応急処置」とはどういうことなのか? その意味を知るために「ケガ」の仕組みを簡単に説明しますね。

ここでの「ケガ」というのは、皮膚や筋肉、靭帯、血管などの軟部組織と呼ばれている部分の一部が損傷し、血が出たり、腫れたりする状態のことをいいます。
その場合に『ケガを最小限に食い止める!』=『出血や腫れを抑え、損傷した組織が早く修復できるようにする!』これが「応急処置」なのです。

もちろん!痛みの激しい場合や、明らかに骨が折れてしまっていたり、脱臼してしまった時には早めに病院に行くことが大前提ですが、病院に行く前にしっかり応急処置ができたか否かでその後のケガの回復具合にかなり差が現れることもあるので、基本的な処置は、ぜひ!覚えていただきたいと思います。

基本的な応急処置は別名「RICE(ライス)」とも呼ばれているのですが、それは応急処置の4つの原則
1、Rest「安静」 2、Ice「冷却」 3、Compression(圧迫) 4、Elevation(挙上)このアルファベットの頭文字をとって「RICE」なのです。

これらを一つずつ説明しますと。。。

1、Rest(安静)
何かをしていて「痛い!」とか「おかしい?」と思ったらまずはその動作を中断し、安静にすることが大事です!
無理をしてそのまま続けてしまうと、ケガをした箇所の周囲にまで影響が出て、どんどん酷くなってしまったり、あらたなケガを誘発させてしまう可能性もあるからです。

2、Ice(冷却)
次に痛めた箇所を氷などで冷やします!
氷の入ったビニール袋を患部に当てたり、バケツに氷を入れ患部を浸したりして15~20分程度、感覚がなくなったら休んでを2~3回繰り返してください。
コールドスプレーや冷却パックなどは一時的に冷えるだけですので氷でしっかり冷やすことをおすすめします。

3、Compression(圧迫)
冷やしたあとは、組織液の流出を防ぐために包帯やタオルなどで患部を適度に圧迫することが必要です。
この時、強く圧迫し過ぎてしまうと症状を悪化させてしまうこともありますので、痛みのない程度にすることが大事です。

4、Elevation(挙上)
最後に患部を心臓よりも高い位置に保つこと。こうすることにより出てしまった血液やリンパ液、組織液を心臓に戻りやすくします。

これらの処置の基本は全て、「患部を腫れないようする」ために必要なことなのです。

捻挫、肉離れ、靭帯損傷、打撲、骨折、脱臼などを起こすと大概の場合は内出血と腫れが起こります。これらの処置をすることで出血を食い止め腫れを抑えなければいけないのです。腫れの度合いでその後の組織の再生速度が変わってくると言っても過言ではありません!
つまり、腫れが大きければ大きいほど、出血が酷いと言ういうことで、治りも遅くなってしまうということなのです。

ここに上げた処置はあくまでも応急処置ですので、その後は自己判断に任せず、きちんとお医者様や専門の方に診て頂いてください。

当院では、内出血と腫れを早く引かせるために超音波という機器を使用しておりますが、私自身、この機械にすごくお世話になっています!
なかなか引かない痛みや腫れなどの悩みをお持ちの方がおりましたら、ぜひ!お試しくださいね。

次回は超音波についてお話したいと思います。