スタッフブログ自転車でペダルを漕いだら左足首へ痛み(20代男性)~距骨のずれが原因(保険適用)

皆さん不安定な天気が続きますが、体調はいかがでしょうか?今回は自転車でペダルを漕いだら足首へ痛みが出た方の施術内容についてご紹介します。来院した際に伺った詳細は下記の通りです。

来院時の症状

・ロードバイクで出かける際にペダルに足を乗せて漕ぎ始めたら左足首へ痛みが出た。
・衝突や捻るようなことはしていない。
・前にも同じような痛みを感じた事もあったが気付いたら無くなっていた。
・過去に酷い捻挫をしたことがある。
・足首の関節が緩い自覚がある。
・体重をかけると痛むが足首を動かすだけでは痛みは無い。
・熱は無いが触ると痛みを感じるところがある。

痛みの原因と注意事項

上記の状況を踏まえて判断すると、内外のくるぶしと踵の骨の間にある骨(距骨)のポジションが悪くなったことが原因と考えられます。この症例は運動中に起こった外傷なので保険適用となります。

応急処置としてあまり動かさないようにしてください。痛みが出た際に無理に動いてしまうと、偏った関節の使い方や負傷部位をかばった体の使い方をする事で患部だけではなく、別の場所まで負担をかける事となります。

当院での施術の流れ

当院では最初に電気治療器で痛みや偏った使い方による筋肉のハリを取り除きます。次に取り切れなかった筋肉のハリをほぐし、ストレッチやモビライゼーションによって関節の動きを左右差をなくすようにします。さらに関節の動きが緩すぎる場合はテーピングで固定する事があります。最後に重要となる足底感覚と偏りのない足関節の可動域について自宅で出来るケアやトレーニングをお伝えします。

以前もブログで記載しましたが、靭帯は一度損傷してしまうと元通りには戻りません。その為、関節に不安定性が現れますので、普段からのケアやトレーニングが重要となります。ケアやトレーニングについて困ったときにはお気軽にご相談ください!

自転車に関連した怪我・施術方法
自転車に乗ると膝が痛い~腸脛靭帯炎(ランナー膝)かも
ロードバイクに乗り始めて首・背中が痛くなった(20代男性・会社員)~背筋強化&ストレッチ