スタッフブログ剣道で左ふくらはぎ肉離れ(30代男性)~炎症を抑えて痛みを緩和(保険適用)

蒸し暑い日が続きますが、皆さん体調はいかがでしょうか?

今回は剣道で踏み込んだ際に左ふくらはぎを肉離れした方の施術内容についてご紹介します。来院した際に伺った詳細は下記の通りです。

来院時の症状

・剣道の練習中、竹刀を振りかぶって飛び込んだ際に負傷した
・受傷時、左内側のふくらはぎから鈍い感触があり、その後はつったような感じが続いていた。
・受傷後は力が入りづらく、つま先立ちをしようとすると痛みがあった。
・内出血があり、熱も感じられる。
・触ると患部に若干凹んだ感じがあり、圧痛がある。
・過去にも同じところを痛めたことがある。
・すねを軽く叩いても患部に痛みはない。

怪我の原因

上記の状況を踏まえて判断すると、左内側ふくらはぎの筋肉(左内側腓腹筋)の肉離れ(筋挫傷)が考えられます。この症例は外傷となりますので保険適用となります。

応急処置と施術方法について

応急処置として動かさない・冷やす・圧迫する・高く上げる事が必要となります(RICEを参照ください)。競技中や練習中の場合は活動を中止し、上記の応急処置の後、接骨院・整骨院、整形外科を受診してください。

当院では最初に炎症を起こしておりますのでアイシングで患部の熱を取り除きます。次に電気治療や超音波治療器を使用して炎症を抑えて痛みを緩和させます。さらに筋肉をほぐしてリンパ・血流の改善を行う事で回復を早めるようにします。最後にテーピングを使用して、関節を動かないように固定する事や腫れを早くひかせる様にします。

痛みが治まった後は可動域を拡げ筋力強化

その後、痛みが治まったら超音波治療器で関節や筋肉の硬さを取り除き、ストレッチを行って可動域を広げます。以前も同じところを痛めているということは、過去に傷つけた場所に柔軟性が無く、負荷がかかりやすくなっていることが原因となります。また、かばった使い方や運動できない期間が長いと筋肉量が減る為、よりケガが再発しやすい環境となります。

当院としては痛みが治まったらGTSトレーニングで筋力を補いながら、自費施術で柔軟性を確保しつつコンディションを整える事をオススメします!体に痛みを感じるけど、保険か自費施術かわからない時にはお気軽にご相談ください!