スタッフブログ転んで左鎖骨を負傷(30代男性)~左鎖骨骨折の疑い(保険適用)

3連休の最終日ですが、皆さん体調はいかがでしょうか? 今回は自転車(BMX)負傷した男性の施術内容についてご紹介します。 来院した際に伺った詳細は下記の通りです。 ・左肩が落ちている感じがあり、右手で反対の腕を支えていた。 ・駐車場で自転車(BMX)でアクロバティックな技の練習をしていたところ、転倒して左肩から地面に落下して強打した。 ・受傷直後から激しい痛みがあり、左鎖骨を見ると出っ張りがあるように見える。 ・時間と共に腫れあがり、内出血が見られるようになった。 ・患部には熱があり、触ると痛みがある。 ・胸元を軽く叩くと患部に響いて痛みを伴った。 上記の状況を踏まえて判断すると、左鎖骨骨折が考えられます。 今回は骨折の疑いがある為、三角巾で応急処置を行い専門医の診察をお願いしました。 この症例は外傷となるので保険適用となります。 応急処置としてまず患部を冷やして腫れを最小限に食い止めてください。 次に風呂敷や包帯などを利用して固定する事で、患部を安定させて痛みを和らげる事が出来ます。 その後、来院された時には処方された胸を張るように姿勢を保つバンドを装着していました。 この時に大切なことは、骨折した患部を動かさないように固定することが重要となります。 当院では最初に患部を動かさないように注意しながら炎症を抑えるためにアイシングで熱を取り除きます。 次に超音波治療器で骨折の治癒速度を早め、電気治療を使用して痛みを緩和させます。 そして、筋肉をほぐしてむくみやリンパ・血流の改善を行う事で回復を早めるようにします。 最後に固定具(バンド)を使用して患部を安定させます。   その後、回復の状況を見ながら肩関節の可動域を上げるストレッチを行い、運動が出来ずに筋力低下が気になる方はGTSトレーニングをオススメします。 また、大事な試合や大会がある方にはなるべく早く復帰できるように、患部へ負担がかからないで尚且つ、運動効率が上がるアドバイスを行います。 少しでも普段通りの生活を送れるようにお手伝いしますので、お気軽にご相談ください!