スタッフブログ筋トレで膝が痛い(60代 男性)~負荷が上がった際のケア不足が原因

皆さんこんにちは。 自由が丘は久しぶりのいい天気で緑道も多くの人でにぎわっていますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。 今日は膝の痛みについてお話しいたします。   患者さんの来院時の状況は次の通りです。 ・60代 男性 ・トレーニングは20年以上続けている。 ・ジム以外での運動は一切なし。 ・久しぶりにレッグプレス(前腿のトレーニング)の重量を上げたら翌日膝の前面が痛くなった。 ・数日後には楽になったから放置し、トレーニングを続けていたら今度は膝裏も痛くなってきた。 ・仰向けで寝た際に膝が浮く。   今回の場合トレーニングの負荷が上がった際のケア不足が原因と考えられます。 レッグプレスで前腿特に大腿四頭筋に負荷がかかりケア不足のため前腿が硬くなってしまい、そのまま放置した結果、膝が伸びきらない姿勢が続いて膝裏の筋肉まで硬くなってきている状況です。 前腿の筋肉は股関節を曲げるときと膝を伸ばすときに使われる筋肉です。この筋肉が硬くなってくると、股関節と膝がほんのり曲がった姿勢になってきます。 またこの筋肉は股関節から始まり、膝のお皿を包んで最終的に脛につく筋肉ですので、硬くなってくると膝のお皿を上に引き上げててしまい、結果膝の前面が痛くなってきます。   今回の施術は前腿の筋肉と膝裏の筋肉をほぐし、しっかりとストレッチをかけて、膝のお皿の動きをスムーズにさせていきました。 またホームケアとして前腿・膝裏のストレッチを指導しました。   今回の患者さんはこのケアで膝の痛みは治まりましたが、痛みの種類が異なったり部位が異なっている場合は、別の施術になりますので一度ご相談ください。