スタッフブログ最近寝汗かくんです(30代女性)~ 陰虚の症状と原因・治し方

皆さんこんにちは。

今週末は自由が丘女神まつりです!

今から準備で街はにぎわってます。

 

今日は東洋医学のお話です。

先日いらした患者さんが「最近寝汗をかくんです」とおっしゃっていました。

ほかのお話を聞いてみたところ陰虚によるものだと考えられます。

陰虚とは体の中の陰が不足して結果的に陽に傾いてしまった状態です。

すべてのものは陰と陽に分けられるという考えが東洋医学にはあります。

その陰と陽のバランスが保たれている事によって健康である状態でいられます。

陰陽バランスが崩れていしまうと体に不調が現れてきます。

 

陰虚とは

体の中の冷やす力が不足してきた状態

体を構成する水分が不足してきます

冷やすものが不足するので、熱症状が主となります

 

症状

・顔や手足の裏がほてる(五心煩熱)

・口やのどが渇く

・冷たいものを欲しがる

・寝汗をかく

・眠りが浅い

・よく夢を見る

・腰が痛い

・耳鳴りがする

・空咳がでる

・声がかすれる

・痰が黄色っぽい

・尿量が減る

・便秘気味

・舌の色が赤い  など

 

今回の方は上記のうち 五心煩熱・のどの渇き・寝汗・眠りが浅い・よく夢を見るがあてはまり、脈や顔・腹部の状態より陰虚の状態であると考えました。

本来であれば、更に五臓六腑や気血など陰虚の原因を探り症状の根本を探し出し治療を始めていきます。

ただ陰虚の症状に対しての治療を行うだけだと一時的に落ち着くだけで根本的な改善にはなりません。

しっかりと体の状態を確認してから治療を行うことによって全体的な症状の改善につながります。

今回は陰を補う施術を行いながらその方体質改善のためのアプローチを行いました。

日常生活での注意点は汗をかきすぎないようにすることです。

適度な汗は健康のためにとてもいいものですが、陰虚の方は汗をかきやすい体質になっています。

大量の汗は体内の水分が不足してしまう原因になりますので炎天下での激しいスポーツは避けましょう。

また適度な水分補給をおこなうように心がけましょう。

 

灸治療はその方の体質や習慣によって治療が異なってきますので、気になる症状をお持ちの方は一度ご相談をお願いいたします。