スタッフブログ足の裏が痛い~後脛骨筋による足の裏の痛み(30代男性)~ 原因・施術例

みなさんこんにちは。

急激に冷え込んできましたね。

自由が丘も一気に冬の街並みになりましたよ。

皆さんいかがお過ごしでしょうか。

今日は足の裏の痛みにつてのお話です。

 

実際に来院した方を例に紹介していきます。

来院時の状況は以下の通りです。

・足の裏が痛い

・自分で足の裏をほぐしてもすぐに戻ってしまう

・学生のころ陸上競技をやっていた

・最近は運動できていない

・仕事内容はパソコンでの作業が主

・触診してみると足の裏~ふくらはぎが硬い

・話をよく聞いてみると学生時代に脛の内側が痛くなったことがある

以上のことや触診の状態よりこの方の足の裏の痛みは、足の裏そのものが原因ではなさそうです。

そこで登場するのが今回の主役である後脛骨筋です。

後脛骨筋は脛の後ろから足の裏につく筋肉です。

12-%e5%be%8c%e8%84%9b%e9%aa%a8%e7%ad%8b

つま先立ちや土踏まずの構成にかかわってきます。

脛骨の後ろにつき表層の筋肉に覆われているため、自分で触るのは難しいのですが、この筋肉が硬くなってしまうことによって様々な症状が出てきます。

今回の方の場合は後脛骨筋の張りにより、足の裏が硬くなってしまい土踏まずの左右差が出ていました。

また中高生の陸上競技でのオーバーユーズでは筋肉の付着部である脛に負荷がかかりシンスプリントになってしまう場合もあります。

 

今回の場合での当院の施術としてはまず後脛骨筋に超音波をかけ、硬くなっている筋肉や足の裏を緩めていきます。

またホームケアとしてのストレッチも指導していきます。

 

後脛骨筋という少しマニアックな筋肉ですが大切な役割を担い、負担のかかりやすい筋肉です。

なかなか治らない足の裏の痛みにお悩みの方は一度ご相談ください。