スタッフブログ風邪予防に大切な9カ条 ~過度なストレスは風邪の原因になります

皆さんこんにちは。

毎日寒くて体が硬くなりがちですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

今日はこれからの季節はやってくる風邪についてのお話です。

風邪をひかないために気を付けたいことをあげましたのでごらんください。

 

・バランスの取れた食事

 風邪対策でよく言われているのはビタミンCですね。

 ビタミンCは細胞の再生を活発にさせる働きを持っています。

 つまり、毎日新しい細胞を作り出し古くなった細胞をため込まないようにしているのです。

 風邪をひくとウイルスにやられた細胞を再生するために通常の5~10倍のビタミンCを必要とします。

 ビタミンCは水溶性ビタミンで体に貯めておくことのできないものなので、毎日摂取することが大切です。

 生活が忙しくて栄養バランスが乱れがちな方はサプリメントなども使用してバランスを保つように心がけましょう。

 

・水分補給

 ウイルスは湿度が苦手ですので体が乾燥しないように水分補給を行いましょう。

 特に冬場は汗の量が減り水分摂取がおろそかになりがちですので、こまめに水やお茶を飲みましょう。

 

・十分な休息

 質の良い睡眠はもちろん大切ですが、まずは睡眠時間を確保しましょう。

 睡眠時間が足りてないと免疫力が落ちていきます。

 また、風邪のひきはじめの時も十分な睡眠時間をとることで本格的な風邪をひく前に治すことができます。

 

・たばこ

 実は喫煙者は風邪をひきやすいというデータがあるんです。

 原因としてはタバコは大量のビタミンCを破壊するということにあると考えられます。

 ビタミンCが破壊されると細胞の修復・再生に時間がかかってしまいます。

 結果としてのどの粘膜の修復が遅くなりウイルスに浸潤されやすくなってしまいます。

 

・有酸素運動

 有酸素運動は体力をつけるのはもちろん、基礎体温をあげるのに適しています。

 筋肉を使うことにより血行が良くなり、過度な暖房に頼らないで自分自身で温めることができます。

 また、有酸素運動で血流が良くなることにより、体内を巡る白血球が活発になります。

 白血球は外から来たウイルスなどを撃退する働きを持っていますので、これからの時期特に大事ですね。

 息が上がるほどの運動になってしまうと口呼吸になりウイルスが入りやすくなってしまいますので、軽めのウォーキング程度がお勧めです。

 

・手洗い・うがい

 基本的なことですが一番重要です。

 ウイルスはいないところがないくらいに空気中に漂っています。

 多くの人が触る電車のつり革などには、特にたくさんのウイルスがついていると言われています。

 外出先から帰ったらまず手洗いうがいを徹底させましょう。

 ウイルスはくっつきやすいですが、手洗いうがいで簡単に流れて行ってしまいます。

 

・マスク

 これも基本的なことですが簡単にできる予防法です。

 実際マスクをしていればすべてのウイルスや細菌をブロックできるわけではありませんが、リスクを少しでも減らすことは大切です。

 マスクを使うときはなるべく使い捨てを使うようにしましょう。

 

・温度・湿度

 昨今ではどの家庭にもエアコンがあり一年中快適な温度でせいかつできます。

 しかし、人間の体は少しぐらいの寒さに耐えられるようにしておかないと、自律神経の調節機能が落ちてしまいます。

 理想的な温度は20~25度ですが、それより大切なのは湿度です。

 湿度が50%を超えるとウイルスは約3%しか生存できなくなります。

 つまり、適度な湿度を保っていれば風邪のリスクがぐんと減るわけです。

 

・ストレス

 病は気からという言葉がありますが、それはあながちウソではありません。

 人間の体は過度なストレスを感じると自律神経が乱れ、免疫・抵抗力が低下します。

 ストレスというのは仕事や人間関係でのストレスから、寒さや乾燥などの環境ストレスまであります。

 たとえば、大きな仕事が終わり緊張が途切れた時にどっと疲れがでてくるなんてことありませんか。

 過度なストレスをためないように適度に発散することが大切ですね。

 

当院では風邪予防を含め免疫をあげる施術を鍼灸治療で行っています。

その場合は基礎治療に加えてその方にあった治療を行っていきますので、この機会に体質改善を考えている方は一度ご相談ください。