スタッフブログ手首が痛い!もしかしてガングリオン?~10代 女性 テニス~

皆さんこんにちは。暖かい日が続き自由が丘の桜も満開です!皆さんいかがお過ごしでしょうか。今日は手首の痛みについてのお話です。患者さんの来院時の状況は以下の通りです。

来院時の状況・問診内容

・部活動でテニスをしていたら痛くなった
・手首の甲の小指側が痛い
・最近サーブのフォームを直している
・部活は週に2~3回程度
・手首を甲側に曲げると痛みがでる
・患部に柔らかい塊のようなものを確認できる

以上の症状や所見からこの方の手首の痛みはガングリオンが原因だと考えられます。

ガングリオンとは?

手首や足首などの関節面にできる塊のようなものです。ゼリー状の柔らかいものから硬いものまであり、硬いものの場合は新しく骨ができたかのような見た目になります。ほとんどは無症状で、ガングリオン本体が悪さをすることはありませんが、できた場所によっては関節を動かした際に神経や血管を圧迫してしまうことがあります。その場合は痛みや痺れといった症状が出てきます。

ガングリオンができる場所は腱や関節の奥などで、サイズや場所によって違和感の感じ方も違ってきます。はっきりとした原因は解明されされていませんが、現時点で原因と考えられているものを挙げていきます。

ガングリオンができる原因・理由

・オーバーユース

関節を使いすぎることで関節周囲の細胞に過度な刺激が入ります。それによって関節の潤滑剤のような役割をしてる滑液が濃縮されて濃くなりすぎて溜まってしまうのです。

・衝撃

 急に手を衝くなどの衝撃から身を守る為にクッションとしてガングリオンが形成されるという説があります。

・ストレス

ストレスを感じると血管が収縮して血流が悪くなります。 血流が悪くなったことで溜まった老廃物がガングリオンを形成するという説もあります。

ガングリオンは良性の腫瘍ですので、自然治癒することがほとんどです。痛み・痺れ・違和感がなければ経過観察でも問題ありません。

当院での施術は主に鍼灸治療となります

患部の周辺に鍼を行うことで溜まっているものを散らすことが出来ます。お灸では血行を良くすることが出来るので、患部に直接お灸を行うこともあります。知り合いで分厚い本の角でガングリオンを叩き潰したという人がいましたが、神経を痛めてしまう可能性がありますので絶対に真似しないでください!

まずは専門機関に相談することが大事です。手首や足首に何ができた!ということがありましたらお気軽にご相談ください。