スタッフブログ春の眠気どうにかしたい!原因と対処法をお教えします

みなさんこんにちは。

自由が丘の桜もピークを越えて桜吹雪がとてもきれいです。

皆さんいかがお過ごしでしょうか。

今日はこの時期特につらい眠気についてのお話です。

 

春眠暁を覚えずという言葉があるように春はとにかく眠たくなりますよね。

それにはちゃんと理由があるのです。

まずはその原因を挙げていきます。

 

1.自律神経の乱れ

この時期は天候の変化が激しく、前日との気温差が10℃も!なんてことありますよね。

近年は特に気温差が激しく感じられます。

この天候の変化に体が対応できるように働いているのが自律神経です。

以前のブログでも紹介したように、自律神経は体のONとOFFをコントロールする神経ですので、その自律神経が乱れてしまうとON・OFFがうまくいかず夜に来るはずの眠気が昼間に来てしまいます。

 

2.メラトニンの影響

メラトニンは体内時計の役割をしていて自然な眠気へと誘導するホルモンです。

冬の間はメラトニンの分泌量が多くなり質の良い睡眠をとることができます。

しかし春になるとメラトニンの分泌量が減り睡眠の質が落ちてしまうのです。

 

3.脳の血流不足

気温が上がってくると皮膚表面の血流量が増えます。

そうすると皮膚表面に血液が行ってしまった分脳への血流量が減少し酸欠になって眠くなってしまうのです。

 

4.ビタミン不足

温かくなってくると外へ出かけたりして活動量が増えますよね。

活動量が増えるとエネルギーとして糖やビタミンなどが一気に使われるようになって脳へのエネルギーが不足して眠気が来てしまいます。

 

5.睡眠不足

当たり前のように聞こえますが、冬から春になると活動量が増えるのでその分疲れてしまうということです。

 

 

では次に簡単にできる眠気対策を紹介していきます。

1.水で洗顔

顔に冷たい水や水圧がかかると脳や心臓に血液があつまるという潜水反射というものがあります。

その反射を利用して脳を活発にさせ目を覚ますという方法です。

 

2.目薬

目薬の薬効成分に眠気をとる効果はないのですがやっぱり目が覚めますよね。

 

3.水をのむ

耐えがたい眠気は水分不足からくるものという説があります。

水分をたくさん摂ると体内の毒素を排出してくれます。

また水分を摂取することで消化器系を刺激することができるのでかなり効果的です。

 

4.お昼寝をする

許されるならば15分~20分の昼寝をしましょう。

短時間脳を休ませることによりその後の仕事能率が上がると言われています。

 

5.自律神経を整える

これは以前のブログで紹介しましたので、そちらを参照にしてください。

自律神経を整える呼吸法・食事・睡眠

自律神経を整えるツボ

少し時間はかかってしまいますが、長期的にはとても大切なことです。

 

眠気が来てしまうのは仕方のないことですが、絶対に寝てはいけない!!というときもありますので、普段の生活から見直してスッキリさせましょう!

 

※【12/4~】ご予約の際に「ブログを見た」とお伝えいただいた方は、初診に限り、施術料金10,000円のところ8,000円にいたします。