スタッフブログいよいよ梅雨入り!梅雨時の湿邪による脾胃の不快を予防しましょう

みなさんこんにちわ!ここ最近関東では暑い日が続いていますが、間もなく梅雨入りしそうですね。梅雨のジメジメした湿気のせいで嫌な気分になったり、古傷や関節が痛んだり、胃腸の調子が悪くなった経験はありませんか?

以前のブログ「梅雨に体調を崩したり、体に痛みを感じるのはなぜ?」で、梅雨についてお話しましたが、今回は東洋医学的な梅雨についてお話したいと思います。

人は病気になった時に治ろうとする力、「抵抗力」「自然治癒力」を持っていて、東洋医学ではこれを「正気」といいます。また、病原性のウィルス、細菌、あるいは急激な天候の変化など、人体に悪い影響を与える邪悪なものを「邪気」といいます。

「正気」の力がしっかりしていれば抵抗力や治癒力が強いため、邪気に攻撃されても元に戻すことができますが、弱いと邪気に負けてしまい病気になってしまうのです。東洋医学の役割はこの「正気」を引き出し、働きを助けることで病気の予防をし、回復を補助することにあるのです。

梅雨になるとジメジメし、湿気がたまりますが、東洋医学ではこれを『湿邪』と呼び、体の不調を引き起こす悪い「邪気」として考えます。この湿邪は、重く下に下がる特性を持ち、身体中をめぐる「津液(しんえき)=血以外のすべての水分」の流れを停滞させ、病気を長引かせてしまいます。さらに、この湿邪に対して弱いのが「脾」「胃」(胃腸)なのです。

飲食物は脾胃で消化、吸収され、それらが「津液」となり、「肺」の働きによって全身に循環し、口、鼻、目を潤し、ヨダレ、鼻水、涙、汗、尿となって排泄されます。しかし、正気の弱まっている状態で湿邪が体内に浸入してしまうと体内の津液の循環が悪くなり、体の重ダルさ、頭重感、頭痛、関節痛、脾の機能低下による胃もたれ、食欲不振、べっとりした便や下痢、ムクミ、口内炎などが起こりやすくなってしまうのです。

ですから、正気を上げ、湿邪に負けない体作り=湿を体内に溜めない体作りが大事になってきます。普段食べている飲食物でもそれらを防ぐことができます!

★湿を溜めやすいとされているもの
刺身などの生もの、冷たい物、甘いもの

★余分な水分を出してくれる食物
玄米、黒豆、スイカ、冬瓜、かぼちゃ、こんにゃく、山芋、人参、大根、しょうが、にら、にんにくなど。

この時期は湿を体内に溜めやすい飲食を避け、水分を出してくれるものを取り入れた食生活を心がけましょう!鍼灸では、この脾胃を強くする処置に加え、冷えを予防、改善し代謝を上げ汗をかきやすくすることを目的とした治療を行っていきます。

この時期、特にお腹を下しやすい方や体調をくずしやすい方はぜひ!一度ご相談ください。

【セルフケア ツボ押し】

今回は「脾」の機能を上げるツボをご紹介致します。

「陰陵泉」インリョウセン

すねの内側、内くるぶしから膝へ指を滑らせて上がって行った時にぶつかる骨の膨らみの下。

「三陰交」サンインコウ

すねの内側。内くるぶしの後ろから母指以外の四指を横にした高さ

これらのツボをムクミの酷い時、下痢しているとき、体が重ダルい時などに軽く指圧したり、温めてみてください。