スタッフブログ男性の足の冷え(30代ダンスインストラクター)~股関節の硬さ・ストレッチ不足が原因~

みなさんこんにちは。朝晩がだいぶ冷え込んできましたがみなさんいかがお過ごしでしょうか。今日は男性にも起こる冷え性のお話です。患者さんの症状は以下の通りです。

来院時の状況・問診内容

・全体的には冷えてないが足だけ冷たい
・なるべく毎日湯船につかるようにしている
・セルフマッサージなどで一時的に温まるがすぐに戻ってしまう
・ほぼ毎日体を動かしている
・ストレッチも行っている
・触診すると内もも、股関節が硬い
・手やおなかは温かい
・喫煙している
・ほぼ毎日飲酒しているが1杯程度
・遅くまで仕事があるため寝る時間が遅い

股関節が硬すぎるのが原因

この方の場合、股関節が硬すぎることで、鼠径部以降の血流が悪くなり足が冷えているのかと考えられます。さらにタバコは血管を細くする作用があるので長期の喫煙は体に悪影響を及ぼします。股関節の前面には大腿動脈という太い血管が通っているのですが、その周辺には腸腰筋をはじめとした大小さまざまな筋肉が存在します。

股関節はとても力強い動きを行えるように強靭な筋肉がそろっているので、その筋肉が硬くなってしまうと血管の通り道を圧迫して血流が悪くなります。

このパターンはパソコン作業などで一日中座りっぱなしで血行不良を起こしている方に多いのですが、今回の男性は体を動かしているにもかかわらず冷え性になってしまいました。ダンスで良く体を動かしているのになぜ血行不良を起こしてしまったのでしょうか。

原因はストレッチにありました

この方は毎日しっかりストレッチを行っているのですが、ほかの部位に比べて前ももから股関節のストレッチが足りていなかったと考えられます。また股関節は深部にまで筋肉が存在しているのですが、奥のほうは体表から触りにくくなっています。そんな奥で硬くなってしまった筋肉の表層にさらに硬くなった筋肉がいては、奥まで筋肉を柔らかくすることができません。

具体的な施術方法

まずは股関節周りを中心にしっかりほぐしていきます。最初に大腿四頭筋など表面にある筋肉をほぐしてから深部にある筋肉もほぐしていきます。この時点で足先がかなり温まってきます。その後足りていなかった部分のストレッチ指導を行います。普段のセルフケアに足りていなかったストレッチを加えるだけで足の冷えはかなり改善しました。

冷え性でお悩みの方は一度ご相談ください

今回の方の場合は冷えの原因が股関節にありましたが、内臓の冷えや生活習慣の乱れ、自律神経の乱れから冷え性になっている方もいます。そのよう場合は施術内容も変わってきますので、冷え性でお悩みの方は一度ご相談ください。

また、高齢の方で長期間の喫煙歴がありなおかつ足が冷えるなどの症状があるかる場合は動脈硬化などほかの疾患の可能性もありますので、病院を受診してください。