スタッフブログ脚のムクミ、ダルさ、足底筋膜炎に効果あり!温冷交互浴がおすすめ!

最近は朝晩がだいぶ冷えてきましたね。皆さんも体調崩されていないですか?今日のblogは久々に真面目なのを書いてみました!

温冷交互浴で脚のダルさを解消した患者さんの話がヒントに!

先日、ダンスをされてる50代男性の患者さんが「脚のダルさを取ろうと思ってお風呂に入りながら冷水と湯船に脚を交互に浸けてみたら次の日ダルさが取れた気がする!」という話をされていました。

確かに、冷水と温水の交互浴で血管運動が盛んになりムクミ改善に効果があることは知っていたのでその相乗効果でダルさも取れるのだろうと思ったのですが…そこで気付いたのです!

それならば足底筋膜炎にもなんらかの効果があるのでは???と!実はここ何年か自分自身が足底筋膜炎の痛みに悩んでいたのです(^o^;)

温冷交互浴が足底筋膜炎の痛みに効いた!

接骨院で働いていると休憩一時間挟んだとしてもトータルで約9時間くらいは立ちっぱなしですし、しかも脚に力を入れながら立ってるので終わってからのムクミが酷く、翌朝起きてベッドから降りた一歩目が激痛の時もあったのです(ToT)

患者さんにはよく暖めて!とか、冷やさないように!等と言っていたのに自分では、仕事の後にトレーニングいったり、痛みが酷いときは鍼治療してその場しのぎ…

そのときは良くなっていたのでそれ以上は特に何もせず…今回、このお話を聞いて、血行改善なのだからきっと筋膜炎にも効くはず!と思いその日から実行したところ…翌日からすぐに効果が!朝の一歩目のジーンとする痛みがなくなりました!その後も交互浴を続けてみたら、仕事後の痛みも軽減してきました!

温冷交互浴のやり方

自分は全身浴5~8分、バケツに冷水入れて脚だけ1分というのを3回ほど繰り返しています。汗もかけてダイエット効果もあるかもしれませんよ!温冷交互浴!オススメです!