スタッフブログ部活で右足首捻挫10代男性(学生)~保険施術

今回は部活で足首を捻挫した男子学生の施術内容についてご紹介します。来院した際に伺った詳細は下記の通りです。

来院時の問診内容

・前日の部活のバスケットボールの練習中、着地の際にバランスを失い、足首を内側へ捻った
・歩く時に外くるぶしの斜め前の方へ痛みがある
・病院でレントゲンを撮ったが、骨に異常は無かった
・左足首の軽い捻挫は今まであったが、痛めた場所が大きく腫れて熱があり、内出血が足底の方まで広がったのは初めて
・触ると外くるぶしの斜め前と真下の方に痛みがあった
・足先が全体的にむくみ、痛めていない方と比べると冷たくなっている

痛みの原因と施術の流れ

上記の状況を踏まえて判断すると、負傷したのは足首の外側にある靭帯で、外くるぶしの斜め前の方にある前距腓靭帯が中度損傷、真下にある踵腓靭帯は軽度損傷が考えられます。

まず、応急処置として皆さんにも是非やって頂きたいのが患部を冷やす事です。この事により腫れと痛みを早く抑える事を目的とします。

ブログ足

次に足先にむくみや冷たさがあるので、リンパや血流不足を考慮し、電気療法と患部周辺をほぐす事で解消します。施術が終わり足先の状態を確認すると、最初はしわが無く冷たくなっておりましたが、皮膚に余裕があり、若干の温かさを感じるまでになりました。

その後経過観察を行い回復状況に応じてアドバイス

最後にテーピングや包帯を使用して固定を行います。患部を他の部位よりも圧迫をする事により、腫れの早期解消を目的とします。その後の来院は経過観察を行い、受傷初期の頃は頻繁に通って、回復状況を確認しながら少しずつ日を空けます。

ケガをしたからと言って、全く体を動かせない訳ではありません。回復状況に応じてアドバイス致します。今回のような外傷の治療は、保険施術(一般施術)として保険適用になります。次回のブログでは膝から下のストレッチやトレーニングについてお伝えします。