スタッフブログ家庭で出来る簡単エクササイズシリーズ~ふくらはぎ・足首編~

みなさんこんにちは。日に日に寒さが増し布団の温かさが身に沁みるようになってきましたね。今回は足首の捻挫の後に行うエクササイズを紹介します。数年前に捻挫をしたという方も、寒くなってくると古傷が痛み出すことがあると思います。そんな方にもおすすめのエクササイズです。

①まずはストレッチから

ふくらはぎのストレッチは2種類あります。最初はアキレス腱から伸ばしていきましょう。10~15秒くらいで十分です。次にアキレス腱のストレッチの姿勢からそのまま後ろの膝を少し曲げます。その時に後ろのかかとが上がらないように気を付けましょう。

写真 2-1改

ふくらはぎが伸びたら今度は脛の筋肉を伸ばしていきましょう。伸ばしたい方の足を少し後ろにして内側にひねります。脛の筋肉が伸びるのを感じましょう。足首の捻挫の初期はこの動作をすると痛みが出ることがありますので、その場合はふくらはぎのストレッチのみ行いましょう。

②次は足首を動かしていきます

足の指の間に手の指を組ませて大きく回します。時計回り・反時計回り両方回しましょう。ゆっくり丁寧に回してあげるとより気持ちいいです。

写真 2-2kai

③最後は指の運動です

ひざ下の筋肉をストレッチで柔らかくし、足首の可動域を増やし、最後は指を動かして足全体の神経レベルを上げましょう。方法は簡単です。足でグーチョキーパーを作りましょう。チョキの時は親指を上げるバージョンと親指を下げるバージョンの2種類を行って下さい。

足の指を動かすことによって足部に刺激が入り、怪我をしたことによって低下していた足の神経の流れを促進させることが出来ます。また足の筋肉を動かすと血流が良くなり足が温かくなり、むくみの改善にもつながります。

 

これからの季節は寒さで縮こまりがちですが、体を動かし体力をつけて、冬を乗り切りましょう!!