スタッフブログカイロプラクティック・整体・接骨院・整骨院の違いとは?

最近、皆さんの周りでも接骨院・整体などの名前を多く見かける機会が増えていませんか?今回はそれぞれの区別についてご紹介します。 最初は名前の似ている接骨院・整骨院の違いについて説明します。 元々は国家資格である柔道整復師の資格を持った者が、『柔道整復』『接骨』『ほねつぎ』の文字が入った名称を使って開業していました。 近年、『整骨』の名称が広く認知され、多く使用する院が増えました。 施術の内容はそれぞれ特徴がありますが、名称による違いはなく、『骨折』『脱臼』『捻挫』『挫傷』『打撲』に対し、保険を使用して対処する事が出来ます。 ちなみに国家資格は、柔道整復科のある厚生労働省の認可を受けた専門学校または大学で、卒業または卒業見込みのある者が受験する事が出来ます。 次にカイロプラクティックについて説明します。 カイロプラクティックは発祥国のアメリカで医師と同等の扱いをされており、哲学やテクニックなど医学部と同等の勉強を行う難易度の高い資格が、日本では国家資格はありません。 アメリカや日本のカイロプラクティックの学校を卒業した方やカイロプラクティック院で働いた方が開業し、施術の内容は検査をして、背骨などの神経の圧迫がある部分の矯正を行うといったものです。 最後に整体について説明します。 「○○式整体」や「○○整体術」など多くの名称がありますが、日本では国家資格はありません。 施術の内容は筋肉をほぐすだけのところから、ストレッチを含むところ、首や腰を矯正するところまで多種多様です。 次回のブログでは膝の障害についてお伝えします。