頭部の施術法

頭部や顔面部には小さな筋肉が数多く存在し、また、脳から出た神経の出口となっている部分も多くあるため、症状が他の部位に比べ多岐に渡ります。さらに頭部の症状は自律神経や精神的なストレスとも深く関係しているので、痛みの原因が頭部とは離れたところにある場合もあります。

詳細はこちら

首・肩の施術法

首は7個の骨で形成されていて、重い頭蓋骨(約5kg)を支えており、また肩は首へつく筋肉が腕の重みを支えています。この部位につく筋肉はとても重要な働きをしており、些細なことで様々な障害を起こすことがあります。

詳細はこちら

腕・手の施術法

手先は身体の中でも神経が集中していて感覚が鋭く、細やかな作業が出来きます。突発的な外傷または繰り返しの使い過ぎなどによる障害を受けやすく、正しいフォームや使い方、こまめなケアが重要となります。

詳細はこちら

背中・腰の施術法

背骨は脊椎と呼ばれ、横から見るとゆるやかなS字状のカーブを描いています。背中や腰の筋肉が硬くなると腰痛を起こしたり、S字カーブが崩れ、骨盤のゆがみの原因にもなります。気になる方は立っている時、座っている時の姿勢を確認しましょう。

詳細はこちら

脚・足の施術法

脚は人体の中でも常に体重という高い負荷に耐えている為、バランスを崩すと年齢と共に股・膝・足関節に変形が出る事があります。また、太ももの筋肉は骨盤へ付着しており、腰痛の原因となる事があるので座り方やストレッチが重要になります。

詳細はこちら

全身の施術法

体は痛みのある部分と原因となる場所が必ずしも一緒とは限りません。脳・脊髄からなる中枢神経、指先に至る末梢神経、内臓をつかさどる自律神経などが不調になると、体に痛みを引き起こす事があります。以上のことから全身を診る必要があるのです。

詳細はこちら