足首捻挫(足関節捻挫)

足首捻挫の症状

俗にいう、足のくじき。足首が腫れて熱を持ち、足首の内側または外側へ痛みを感じ、場合によっては歩行困難になることがあります。痛みがきつい場合は、仰向けで寝ることもできなくなります。

足首捻挫の原因

足場の悪い場所や足底の着き方が不十分であった際に起こりやすく、重傷になると長い時には治癒までに1ヶ月以上かかります。スポーツをされている方、特にバレーボール、バスケットなどの室内球技をされている方などにに多く、他のプレイヤーの足を踏んでしまうなど、着地が不安定な場合に起こりやすい傾向にあります。

施術法

最初に骨折・脱臼・腫れの有無・受傷靭帯の損傷度合の確認を行います。次にアイシング・電気療法等で炎症を抑えてから筋肉をほぐすことにより、回復を早めます。そして、固定することにより患部への負荷を減らし、早期から足底感覚のリハビリを行います。

注意点・改善点等

痛めてしまったら(特に初めての方は)、無理をせずに冷やして休めることを優先してください。出来ればテーピングや包帯などで固定して、そのまま当院へお問い合わせください。(上記の際に靴を脱ぐと圧迫が緩んで腫れが増すことがあるので、履いたままが良いです。)痛みがなくなったからと安心して治療を止めてしまうと、天候の変化などで、症状が再発してしまうことがありますのでご注意ください。