膝の痛み

膝の痛みの症状

立っているときに膝の裏に鈍痛がある、歩行中や立ち上がる時、階段を上るときに膝の全面に痛みが走る、階段を下るときにズキッとした痛みがでる、痛みで正座ができないなど、様々です。また、靭帯を負傷している際にはぐらつきやカクッと力が抜けるなどの不安定さを感じる事があります。

膝の痛みの原因

前腿や腿裏の筋肉の固さ、運動不足、急激に体重が増えるなどの生活習慣、O脚X脚、スポーツなどで、足首など怪我した他の部位ををかばうことで膝に負担がかかってる、スポーツ・事故による靭帯や半月板、腱の損傷、または生活環境や加齢、骨の変形など原因は様々です。

施術法

スポーツや事故など急性期の症状は負傷したところを確認し、アイシング・電気療法・固定で対応します。また、回復の状況を経過観察しながら、運動療法などのリハビリを行います。慢性的に痛みがある場合は、体重や食事、歩き方を提案し、膝への負担を軽減することにより改善します。

注意点・改善点等

急性の場合は、整形外科などの医療機関にて検査・処置を行っていただいた後、リハビリ等で当院へいらしてください。慢性の場合は、長時間の正座・横座りを避け、温めて痛みが和らぐ時はそのまま温めてください。以前に比べて体重が増加した方は減量も重要です。トレーニングとしては、水中ウォーキングや自転車がおススメです。