つき指

つき指の症状

指の関節に痛みが走り、腫れて熱を持ち、一時的に動きが制限されます。

つき指の原因

バレーボールやバスケットなどの球技で、ボールが指先にあたったり、壁にとっさに指先をついてしまったりなど、指先へ大きな外力が働いた際に、指の関節周りの腱や靭帯が過緊張を起こして、痛みが発生します。

施術法

最初に骨折や脱臼、腱または靭帯の損傷の有無を確認します。次に熱がある場合はアイシングをし、電気療法や超音波で炎症を抑えます。つき指をした際に、腕の筋肉が緊張することもあるので、その部位を緩めます。また、必要に応じて固定具やテーピングで固定します。痛みや腫れが治まったら可動域を広げるように動かします。

注意点・改善点等

絶対に指を引っ張らないでください!冷やしてから固定して、当院で症状の確認をしてください。痛みが引いてきたら、タオルを握る動作などをして、指がスムーズ動く練習をしてください。