顎関節症

頸部や頭部の筋肉を緩め、股関節など他の場所が原因の場合は、全身の調整が必要です。また、顎を動かす筋肉(咀嚼筋)を緩め、顎間接にズレがある場合は調整します。状態によっては、歯の治療やマウスピースの使用、手術などが必要になる場合もあります。

詳細はこちら

片頭痛

一般的な緊張型の頭痛のように、首・肩まわりをほぐすと、血流が良くなりすぎて悪化します。手や脚のツボを使って、血管拡張を鎮め、血流亢進状態を抑えます。

詳細はこちら

耳鳴り

首から肩まわりを緩めて血流を良くします。また、頚部の骨格のズレを調整し、全身のほぐしで疲れや自律神経の乱れを解消します。心理的なストレスが原因の場合は心理療法が必要になることもあります。投薬の場合は、抗不安薬、抗うつ薬が多いです。

詳細はこちら

眼精疲労

ピント調整をする目の周りの筋肉をほぐす、頭・頚部の筋肉・皮膚を緩める、眼精疲労によって張っている、肩・背中の筋を緩めるなどの施術を行います。目の周りの細かい部分にアプローチするので、鍼治療がおすすめです。

詳細はこちら

まぶたの痙攣

目の周りにある眼輪筋を緩めます。目の周りは細かい筋肉が多いので、眼精疲労と同様に鍼治療がおすすめです。また、目の疲れやストレスで張ってしまっている肩周りや頭も緩め、自律神経を調整して目を休めます。

詳細はこちら