耳鳴り

耳鳴りの症状

自分だけに聞こえる、音源が見当たらない、難聴を伴うことが多い「自覚的耳鳴り」や、心拍音、血流の流れる音、筋委縮音など、聴診器をあてるなど集音すれば他者にも聞こえる「他覚的耳鳴り」などの症状があります。具体的には下記のような耳鳴りがあります。

  • 高音性:「キーン」「ピー」といった、金属音や電子音
  • 低温性:「ブーン」「ボーン」「ゴー」といった、耳が詰まっているような感覚
  • 単音性:一つの音だけ聞こえる
  • 雑音性:音が混ざったように聞こえる
  • 慢性:耳鳴りがずっと続く、また決まった時間に起こることも多い
  • 突発性:突然強い耳鳴り
  • 頭鳴:頭の中に響いている感覚で、両耳ともに同じように聞こえる

耳鳴りの原因

ストレス、過度の疲労、自律神経の乱れ、首筋肉の張り、高血圧、脳腫瘍、脳血管の異常、骨格のズレ、耳元で大きな音を聞く、中耳炎、薬の副作用、メニエール病、外耳炎、糖尿病、貧血、うつ病、不安神経症、更年期障害など、原因は多岐に渡ります。

施術法

首から肩まわりを緩めて血流を良くします。また、頚部の骨格のズレを調整し、全身のほぐしで疲れや自律神経の乱れを解消します。心理的なストレスが原因の場合は心理療法が必要になることもあります。投薬の場合は、抗不安薬、抗うつ薬が多いです。

注意点・改善点等

規則正しい生活を送り、適度な運動をして体をリフレッシュしてください。また、首まわりの張りが酷くならない程度のストレッチも有効です。耳鳴りだけでなく、目まいや頭痛、難聴など、他の症状がでる場合は病院で受診してください。