眼精疲労

眼精疲労の症状

目が疲れる・ぼやける・かすむ、目が痛い・充血する、目が重い・しょぼしょぼする、眩しい、涙が出る、視力が低下する、まぶたが痙攣するなど、目に直接症状が出るだけでなく、肩こり、全身の倦怠感、頭痛、めまい、吐き気などが起こる場合もあります。

眼精疲労の原因

近視、乱視、老眼、眼鏡やコンタクトが合っていない、ドライアイ、目の使い過ぎ、斜視、眼瞼下垂、紫外線など、目への負荷が高い場合だけでなく、緑内障、白内障、風邪、インフルエンザ、更年期障害、自律神経失調症、虫歯、歯周病などの病気や、ストレスが原因の場合もあります。

施術法

ピント調整をする目の周りの筋肉をほぐす、頭・頚部の筋肉・皮膚を緩める、眼精疲労によって張っている、肩・背中の筋を緩めるなどの施術を行います。目の周りの細かい部分にアプローチするので、鍼治療がおすすめです。

注意点・改善点等

眼精疲労の裏に、別の病気が隠れている場合があるので、念のため病院で検査を受けてください。メガネやコンタクトを使用されている方は、度数など合っているか一度チェックされると良いでしょう。用途に合わせて使い分けるなどの対応も有効です。また、仕事中は、作業時の明るさや空調を調整する、パソコン作業をされている方はこまめに休憩をとるなど、目に負荷をかけすぎないよう注意しましょう。普段から軽い運動をしてストレスを発散したり、目や目のまわりを温めて休ませる、眼精疲労に効果のあるツボを押すなどのケアはおすすめです。