寝違え

痛みの場所を特定し、周りをほぐして発痛部位へ電気療法でのアプローチを行います。症状によってはテーピングなどで筋肉の補助をすることがあります。

詳細はこちら

肩こり

肩こりの症状、痛みの原因、施術方法、注意点等を紹介しています。肩こりの原因となる筋肉を特定し、ほぐすことやストレッチ、必要があれば骨格調整を行います。

詳細はこちら

四十肩・五十肩

まず、炎症を少しでも早く抑えるため電気療法を行います。次に肩の可動域を手技で広げます。また、肩が動かないことが原因で背中や首が固くなるため、ほぐす必要があり、場合によっては鍼治療を行います。

詳細はこちら

頚椎ヘルニア

多くの場合、3~4か月程度で自然治癒するため、患部以外の血流を良くするなど、自然治癒をサポートする施術(患部周辺や体全体のほぐし)を行います。運動障害が出ている場合は、手術が必要になることが多いです。

詳細はこちら

ストレートネック

骨の変形がなければ、筋肉が原因で首がまっすぐになっているため、患部をほぐします。また、患部だけが原因でない場合も多いので、原因となっている部分を見つけ調整し、正しい姿勢の指導も行います。

詳細はこちら

むち打ち

初期は過度にほぐすと症状を悪化させてしまうため、患部外を電気器具などを使用しほぐしていきます。症状が落ち着いてきたら、固くなってしまった患部をほぐします。その後は、緊張によって、固くなった関節も、痛みを再現させないよう、動きを良くしていきます。

詳細はこちら

腱板損傷

痛みがあるうちは固定し、炎症時はアイシング、炎症していなければ温めて血流を良くします。また、患部周辺をほぐして緊張をとり、テーピングや固定をして痛みの再現を防ぎます。

詳細はこちら