四十肩・五十肩

四十肩・五十肩の症状

40代以降の方で突然肩に激しい痛みを感じ、高い所の物を取る事や服を着替える動作、結帯動作(帯・エプロンなどを結ぶ動作)、結髪動作(髪を後ろで結ぶ動作)ができなくなります。初期段階では痛さで眠れないことがあります。中期段階では痛みにより動作が困難になり、後期段階になると関節周りが固まってしまい動作困難になります。普段肩をあまり動かさない方が、比較的なりやすいとも言われています。

四十肩・五十肩の原因

肩関節内の炎症や石灰沈着が痛みの理由となります。肩の腱の負傷(肩腱板損傷~かたけんばんそんしょう)とは違い、明確な発生原因がありません。

施術法

まず、炎症を少しでも早く抑えるため電気療法を行います。次に肩の可動域を手技で広げます。また、肩が動かないことが原因で背中や首が固くなるため、ほぐす必要があり、場合によっては鍼治療を行います。

注意点・改善点等

前かがみになって、腕を脱力した状態から肘を伸ばし、手で小さい円を描くように回します。正確に円が出来るようになったら、徐々に円を大きくして肩の可動域を広げます。「アイロン体操」と呼ばれる運動療法が効果的ですので、詳しくは当院スタッフによるブログ『四十肩・五十肩に効果的なアイロン体操を紹介します』をご参照ください。