生理不順・月経不順

生理不順・月経不順の症状

正常な生理・月経の周期は、25~38日サイクルですが、様々な原因により生理不順・月経不順が起こると、下記の様に周期や期間の変化が見られるようになります。

  • 稀発月経:39日以上のサイクル
  • 頻発月経:24日以下のサイクル
  • 過長月経:月経期間が8日以上
  • 過短月経:月経期間が8日以上

生理不順・月経不順の原因

主な原因は下記になります。

  • 精神的なストレスや身体的なストレス・・・脳での女性ホルモンを分泌させる機能が低下
  • 急な体重増加・・・コレステロールからステロイドホルモンが作られ、卵巣ホルモンの分泌に影響
  • 無理なダイエット・・・ホルモンバランスの乱れ
  • 甲状腺線機能の異常・・・甲状腺ホルモンは多すぎても少なすぎても影響がでる
  • 生活習慣の乱・・・食事・睡眠・運動のバランスの乱れるとホルモンも乱れる
  • 体の冷え・・・冷えはホルモンバランスを乱すだけでなく、子宮の血流が悪くなる

その他、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮がん、ポリープ、卵巣機能不全症、無排卵月経など、子宮・卵巣系の病気も原因として該当します。

施術法

まずは、なぜ生理・月経不順になっているのか原因を見つけます。そして、腰から下、特に鼠蹊部(そけいぶ、鼡径部)周辺に冷えがある場合は温め、血流が良くなるように促します。局所的にではなく、全身・体質に原因がある場合は、鍼灸治療がおすすめです。

注意点・改善点等

一回の施術で効果が見られる事がありますが、症状を安定させるためには、定期的に施術を行う必要があります。また、日常生活の中に、ホルモンバランスを崩している原因がある場合は改善が必要です。子宮・卵巣そのものに原因がある場合は、専門医と相談しながら施術を行う必要があります。